2022年度第2回の研修会を開催しました

令和4年度第2回の研修会を11月11日(土曜日)10:00~12:00にWeb開催しました。

テーマは,「2025年度入試(新学習指導要領対応)に向けて何をする?」です。講師は,本多正尚会員(筑波大学教授)と井村誠会員(関西大学入試事務局局長)にご担当頂きました。

セミナーの3日前(11月9日)に,大学入試センターより,「令和7年度共通テストの問題作成の方向性及び試作問題等」が公表されたこともあり,タイムリーなテーマとなりました。研修会では,本多会員より,筑波大学における検討プロセスや制度変更において注目すべき点などの説明があり,井村会員からは関西大学における検討プロセスや私学における入試制度検討のポイントなどの紹介がありました。どちらの発表もアドミッション業務の従事者にとって,有益かつ貴重な情報でした。また,参加者全員で行った総合討論においても専門職協会に相応しい突っ込んだ議論が行われました。入試シーズンであるにもかかわらず,17名の会員が参加し,「それぞれの立場で見方が異なって面白かったです」「こういう情報交換、本音トークが協会の在り方かと思います」「他大学の検討の過程など含めてとても勉強になりました」といったコメントが寄せられるなど,とても有益な研修会となりました。

(文責:西郡大<事業企画部門長>)

最新記事

すべて表示

電気通信大学 アドミッションセンターでは下記のとおり教員を公募しております。採用を希望される方は公募要領に従ってご応募ください。 ■電気通信大学 全学教育・学生支援機構アドミッションセンター 任期付特任准教授 1名 ※令和4年12月2日(金) 必着 詳細は下記のサイトをご確認ください。 https://www.uec.ac.jp/about/advertisement/pdf/ad_2022092

急激に変化する社会の中、「持続可能な社会の創り手」となる子どもたちの資質・能力を育むため、中央教育審議会は、2021年1月、「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」を答申した。答申は、「全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現」に焦点をあてている。高等学校・大学双方が教育の質、多様性や包摂性を高め、誰一人取り残すことのない教育を展開する上で、今、両者の連携・接続に

佐賀大学 アドミッションセンターでは下記のとおり教員を公募しております。 採用を希望される方は公募要領に従ってご応募ください。 ■佐賀大学 アドミッションセンター 常勤教員 准教授,講師または助教 1名 ※令和4年9月30日(金) 必着 詳細は下記のサイトをご確認ください。 https://www.saga-u.ac.jp/other/boshu/admission/02admission.pdf